介護に興味がある人の選択

女性看護師の就職先として医療を選ぶ人が多数を占めるが、その中にも介護に興味がある人がいる。その場合には、介護関係の資格の取得を目指して習い事をしておくと良いだろう。介護職員初任者研修や理学療法士、ケアマネージャー、介護事務などのいくつもの資格が介護業界では役に立つ。看護師資格自体が介護業界では重宝される資格であることから、それだけでも仕事は豊富だが、看護師でありながら他の介護関係の資格を持っている人は稀であるため、より優遇される可能性が高くなるメリットがある。

また、仕事をしながら資格を取得していくことにより、現在の職場での待遇が良くなる可能性もある。理学療法士や作業療法士のように医療現場でも重宝される資格があり、その取得が推奨されている現場もあるからだ。活躍の場が増えることにより、仕事が増えてしまう可能性もあるが、それによってモチベーションも高まっていくことになるだろう。介護の実務に関わる資格を有していると高齢者医療の現場で重宝されるように場合もあり、転職をせずとも介護と医療の境界線で働けるようになることも多い。また、転職を行う際にも優遇されることは明らかで、好待遇での転職が可能といえるだろう。育児のために一度看護師をやめて復職や再就職をしたいという時にも、高い待遇で雇用してもらえる可能性が高い。女性看護師であれば、将来に備えて介護の資格取得に関わる習い事をしておくことが有用だといえる。